外観と間取りのどちらを優先するか

外観を優先するときのポイント

予算内で注文住宅を建てるには、外観と間取りのどちらを優先するかもポイントになってきます。外観を優先したいときは、建物の形と規模を見直してみるのもおすすめです。建物をなるべく四角い形にすることで、凹凸が少なくなり外壁量も減らせます。門扉やフェンスを無くせば、大幅なコストダウンも実現可能です。屋根の勾配を抑えることで、施工時に必要な足場が減りコストも下がります。施工の手間が多い屋根は費用も膨らみがちです。なるべくシンプルな形にすればコストも抑えられます。建物を総2階にすると構造部や屋根材が最小限で済み、材料費や工事費も安くなるはずです。変化が欲しい場合は、外壁をツートンにすることで印象も変わります。

間取りを優先するときのポイント

間取りを優先したいときは、仕切りを減らすのもコストダウンとしておすすめな方法です。階段を仕切らずにリビング内へ設ければ、空間も広く感じられます。部屋数を減らし、オープンな間取りにすることで材料費も抑えられるはずです。2階建ての場合には、トイレを1つにすれば大幅にコストダウンできます。水回りをなるべく近い位置にまとめることで、給排水管などの設備も節約できるでしょう。部屋ごとに収納の棚を作るより、ウォークインクローゼットを選ぶほうが安上がりになります。ドアやサッシをオーダーで作るとコストも大きくなるので、既製品を上手く活用するのがお得です。シンプルな間取りは構造的にも強く、コストも抑えやすくなります。

建売住宅は、土地と一戸建てがセットで販売されている物件です。購入する際は、マンションのように内覧することもできます。