窓を減らすか光を入れるか

窓を減らすときのポイント

予算内で注文住宅を建てるには、窓を減らすなどのコストダウンも有効な方法です。窓のサイズを小さくしたり、グレードを変えることで価格も抑えられます。窓は風を通したり、光を入れる役割があるため、建築士と相談の上で決めることが大切です。西日の当たる窓を減らしたり、北側の窓を換気用として小さくする方法もあります。南側と北側どちらか一方の窓を全部無くすと、風が通り抜けなくなってしまうので注意が必要です。注文住宅の規格が決まっている場合は、枚数を減らしても価格は変わりません。特注や規格以上の枚数になると、金額が追加されていきます。洗面所や風呂は湿気がこもりやすいので、窓と換気扇を無くさないようにしましょう。

光を効果的に入れる方法

採光の効率を上げることで、照明や暖房に頼らない明るく暖かな家も実現できます。光が入る方角と時間帯を調べれば、間取りも決めやすくなるはずです。光を十分に取り込むためには、隣や向かいの家との距離を8m以上空けておくことも必要になってきます。都市部など建物が密集している環境では、光を取り込む天窓や高窓を作ってみるのもおすすめです。吹き抜けにすれば光が壁に反射して、空間もより明るくなります。天窓や高窓は通常の生活では視界に入らないので、プライバシーを守りたい場合にも最適です。光が入りすぎると、眩しさや暑さが気になってくる恐れもあります。カーテンを使って調整するなど、光を上手くコントロールしてみましょう。

一戸建てとは、独立した一軒家がひとつの住戸になっている住宅です。なお、『戸建て』もそれと同じ意味です。