住み方に関する希望を伝える

後悔しないしたくない注文住宅

人生で1度、世界で1つの大きな買い物である注文住宅。住み始めてから後悔したくありませんよね?でも実際に建てて住んでみないと、わからないこともたくさんあります。注文住宅で失敗例として多いのは、収納と間取りです。収納は生活するうえで重要です。収納が小さすぎると物が入らないし、大きすぎると生活スペースが狭くなってしまいます。収納スペースは広さや量を考えるだけでなく、収納する場所を考える必要があります。さらに実際にモノを取り出す、しまうといったシーンをイメージすることが大切です。
間取りを決めるのってとても難しく生活スタイルを決定する重要項目です。住まいという限られた面積では、スペースの配分がカギとなります。それぞれに適した広さをとり、生活しやすい動線するために優先順位づけを明確にしておきましょう。

後悔しない!住み方の希望を伝える

注文住宅で後悔・失敗しないためには、内装や外装のデザインだけでなく住み方の希望をより具体的に明確に伝えることが必要です。
まず、自分が住んでいる姿をイメージしましょう!自分が住んでいる姿が想像できないのい、相手には伝わりません。住宅建築のことについてある程度知識のある方は、初期の計画段階で自分がこだわりたい項目をリストアップし、どういう間取りでどういう動線を取りたいのか伝えるのも良いかもしれません。収納や間取りなどなど、細かいところまでしっかりイメージし、希望を伝えましょう。
住宅建築に関する知識なんて全くないという方は、やんわりとした自分の希望を伝え相談しながら、図面がある程度形になりそうな段階からイメージし理想に近づけていっても良いかもしれません。
あなただけの理想の住宅です。建てるだけでなく、建ててからが重要となります。自分の希望・理想を自分の中でしっかりイメージして伝えましょう。